★賃貸一人暮らしのすまい(お部屋)の選び方

 

★賃貸 一人暮らしのすまい (お部屋 ) の選び方

 

就職 ・ 進学 ・ 転職 ・ 転勤 など等、あるいは、はじめての一人
暮らしを始める方もいらっしゃるかと思います。

 

特に、「はじめての一人暮らし」 で何から手をつけていいか
わからない方もいらっしゃるでしょう。

 

小欄では、「はじめての一人暮らし」 にもわかる、住まい選びの
やり方や新生活の準備方法についてご紹介しましょうね!

 

※賃貸物件 について中心にご説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 住まい (お部屋) の選び方とは?

 

◎ 家賃の目安 「予算」 を決める

 

まずは家賃の目安 「予算」 を決めなければなりません。


社会人の方ならば、 「家賃は給料・年収の3分の1まで」
にするといいでしょう。

 

何故、3分の1かというとはお部屋を借りるのにあたって
生活に占める家賃の一般的な経験値といっても良いでしょう。

 

それと、大家さんが入居者を審査する、収入に対する
家賃の割合の目安と言っていいのではないでしょうか?

 

家主が行う入居審査では、借主の 支払能力 が対象になります。

 

「この入居者は無理なく家賃が払えるか」 という点でも
「家賃は給料・年収の3分の1まで」 というのが大家さんの一般的な
 考え方に基づいた値です。

 

◎ 賃貸物件の条件を決める

 

物件の選び方や借主のこだわりの優先順位は人それぞれです。

 

次のようなポイントで、あなたの目的や好みにあった物件を
探しましょう。

 

◆1 : 生活条件や目的を満たすための 場所 ・ 地域 ・ 環境
     を考慮する。

 

まずは、「立地条件」 と呼ばれる、住まいがある場所や環境
についての条件を紙にでも書いておくことをお勧めします。

 

書き出すことで 目的 や 必要条件 がはっきりしてきます。

 

・学校や職場から近いとか

 

・遊びや趣味が大切っだらそういうことをする
 場所に近いとか

 

・日当たり (昼間 家にいることが多かったら) が良いとか

 

・静かな環境が欲しいなら閑静で住みやすい等

 

 

・学生さんだったらアルバイトできる条件に近いとか

 

・防犯面を大事にしたい場合はセキュリティの良い
 物件を選ぶ等

 

ご自分の目的を満たすお部屋の条件や場所を選ぶため、
なるべく具体的な要件を挙げて書き出すことが大事です。

 


◆2 : 特にこだわる 設備 や 間取り を取捨選択する。

 

自分が生活するところをイメージして、必要な 設備 や 間取り
など、「居住空間内にあるもの」 を考えます。

 

考えられる希望条件を出してみて、「あればよい」 程度の
優先順位の低いものと、「絶対必要」 な優先順位の高い
ものとを整理しておきます。

 

例えば、
「1階か2階以上か」 「間取りは」 「面積は」 「日当たりは」
「バス・トイレ別」 とか条件によって、家賃が大きく
変わることもあります。

 

これも、実際に内見してみると変わることもありますので
柔軟に考えていた方がよいでしょう?


◆3 : 不動産屋で実際に物件を内見する(探す)

 

最近は多くの方が、賃貸の物件情報を取り扱っている各Web
サイトで物件を探すのが一般的になっています。

 

各Webサイトで、1と2で決めた条件をもとに、興味がある
物件を複数ピックアップしたら、良いと思った不動産会社
を訪ねます。

 

なお、電話でも問い合わせができる不動産会社も
多数ありますので気軽に問い合わせてみましょう。

 

不動産会社では、事前にピックアップしておいた物件や
こだわりの条件に合った物件をいくつか紹介して
もらいましょう。

 

◆4 : 物件を内見 (案内、内覧ともいう) して決める

 

候補物件をいくつか決めたら、不動産会社の人とともに、
実際に物件を見てみましょう。

 

不動産会社では営業マンのアドヴァイスも素直に聞く
ことも大事です。

 

自分だけでは 物件の外観 しか見ることができませんが、
不動産会社へ行くと内見といって物件の内観を見ること
ができます。

 

あとは気に入った物件と条件を比較して決定しましょう。

 

物件を決めるのに最初の自分にあった条件やこだわりを
考えて置けば決めやすいですよね!

 

■ 賃貸物件を探し始める時期について

 

一般的に1月から3月は住み替えの需要が高まるため、
良い物件から次第に無くなっていきます。

 

ですから、なるべく早く、引っ越し が決まったら
すぐにでも探しておくことが重要です。

 

或いは、良い物件を探すためにこの時期を外すのも
よいでしょう。

 

◎ 学生さんの物件探し

 

例えば学生さんならば、一般的には以下のような順番で
物件を探し始めます。

 

・1, 専門学校生


・2, 私立などの推薦


・3, 私立などの受験


・4, 国立の受験

 

このなかで最も早く入学が決まる専門学校生は、秋からアパートや
マンションを探していることが多いです。

 

◎ 事前契約の考え方

 

賃貸契約が完了したあと、家賃が発生し始める時期は物件の
大家さん・オーナーさん 次第で決まります。

 

一般的には、契約をしてから長い時間を待ってもらうことは
難しい場合が多く、1ヶ月以内に家賃が発生してしまう場合
が多いですね。

 

秋に契約をして、翌春 からの 家賃発生 で貸してくれることは
ほとんどありません。

 

そのため、せっかく良い物件を早めに見つけても、実際に
住んでもいないのに住み始めるまで 家賃を払い続ける 必要が
あるかもしれません。

 

現在は、不動産屋さんによっては学生さんに 特化して事前契約を
受け付けてくれる会社がありますので 事前契約 ができるか
どうかを良く調べるといいですね。

 

■ 不動産屋からの一口アドヴァイス

 

賃貸借の本や不動産サポートの本ではよく  「早い者勝ち」 等と
うたった会社は よしなさい 等と書いてあります。

 

これは不動産公正規約にも書いてあるものですが実際は
賃貸借の業界ではこの 「早い者勝ち」 がすべてといって
よいでしょう。

 

もちろん、煽るような広告はいけませんが素人の方が
賃貸物件を探す場合、あれこれ見ると余計に迷って
しまいますね!

 

だからこそ、大よその 条件 を決めて置くことと 「直感」 が
大切になります。

 

人生で大切なのはこの 「直感」 です。 「直感」で感じた
「これがいい」 と思った物件が大概の場合満足のいく
物だといえるのだと思います。

 

人間は子供のころから培われた潜在意識が 95% 支配
しているといいます。 

 

「直感」というのはその 潜在意識 の中の 防衛本能 や
自分自身の好みの物、そういったものに 無意識的 に
作用するのですね。

 

そんな、ことをちょっと考えてみたらいかがでしょうか。

 

 

◆お問い合わせはここをクリック◆

 

住宅購入や賃貸の疑問に付いて弊社と話し合ってみませんか?
話すことであなたの不動産の不安が解消されます!


   東京都杉並区和泉1-23-16-101

 

(有)住まい相談社 佐藤  

   

 電話 03-5329-2103 

 

「※水曜日を除く10:00~19:00」

 

メール sumai@estate.ocn.ne.jp

 

弊社はしつこい営業や電話は致しません。


安心してお問い合わせください。

 

参考になりましたら住まい相談社のホームページをお友達・お知り合いに
教えてあげてください。