賃貸の善管注意義務とは?

★代田橋 賃貸 住まい相談社

 

◆不動産仲介成立アドバイザー兼建物リフォーム解決ナビゲーターの佐藤です◆

 

1.「賃貸に於ける善管注意義務とは?」

2.「反社会的勢力排除についての取り組み」

 

 賃貸の契約時に重要事項の説明や契約書そのものに善管義務という言葉が

 しばしばでてきます。

 

 「善管注意義務」 とはどういう意味なんでしょう?

 

 「善管注意義務」 とは 「善良なる管理者の注意義務」 ということになります。

 

 借り主の故意・過失や通常の使用方法に反する仕様など、借り主の責任についての考え方

 として、例えば民法第400条があります。

 

  民法400条では、他人のものを借り手いる場合、借り主は、契約してから契約終了時に

 物件を貸主に明け渡すまでの間は、相当の注意を払って物件を使用、管理しなければ

 ならないという意味のことが規定されています。

 

 これを 「善良なる管理者の注意義務」 といい、一般には略して

 「善管注意義務」 といいます。

 

 この義務に反して、物件を壊したり汚したりした場合には、借り主は原状に

 回復するよう求められることになります。

 

 

 又、本来は 通常損耗 などにあたるものであっても、借り主がその損耗を

 放置したり、手入れを怠ったことが原因で、損耗が発生・拡大した場合には、

 この 善管義務 にいはんした考えられ、その復旧費用は借り主の負担と

 なることがあります。

 

 賃貸というのは他人の貸す物件に借りて住むわけですからたとえ他人のものであっても

 自分自身の物件であるような取り扱いで大切に住むいうのが基本なんですね。

 

 それが 「ぶっちゃけ」 「善管注意義務」 ということになります。

 

◆「反社会的勢力排除についての取り組み」

 

 「東京都暴力団排除条例」 が、平成23年10月1日に施行されました。

 

 賃貸借契約を締結する際にも、貸す側借りる側双方とも、

「暴力団 ・ 暴力団企業 ・ 総会屋」 もしくはこれらに

 準じるもの又はその 構成員 (総称して「反社会勢力」) 

でないことを確約しなければなりません。

 

 また、賃貸借契約中 に反社会勢力 に関わることも禁止され、

 発覚した場合に相手側(貸主)

 は催告なく 契約を解除 することができます。

 

◆弊社サイトからお引っ越しの見積もりがとれます!

アットホーム引越し見積もり

 

 

◆お問い合わせはここをクリック◆

 
賃貸ついて分からないことや疑問に付いて弊社と話し合ってみませんか?
話すことであなたの不動産の不安が解消されます!

東京都杉並区和泉1-23-16-101
 
(有)住まい相談社 佐藤 
 
 
 
「※水曜日を除く10:00~19:00」
 
 

メール sumai@estate.ocn.ne.jp

 

弊社はしつこい営業や電話は致しません。

安心してお問い合わせください。
 
参考になりましたら住まい相談社のホームページをお友達・お知り合いに
教えてあげてください。