賃貸トラブル回避!7つのポイント

★代田橋 賃貸 住まい相談社

◆不動産仲介成立アドバイザー兼建物リフォーム解決ナビゲーターの佐藤です◆

 

◆賃貸トラブル回避!の注意点

 

 

 賃貸アパートや賃貸マンションの賃貸でトラブルに巻き込まれたり、
大家さんとトラブルになったり、入居者同士でトラブルを起こして
しまったりすることは最も慎まなければならないことです。

 

そんな、トラブルを起こしてしまうとそこには住めなくなってしまう
こともありましょう。

 

トラブルを回避するのに最も大事なことはルールを守ることに
尽きると言って良いと思いますが注意点を幾つかあげて
起きましょう。

 

1.契約の前!事前説明できちんと確認をするのが肝心!
 重要事項の説明や契約書の内容をよく理解すること。
 
 条例に基づく説明で、原状回復の原則を理解し、
 契約の内容が原則どおりなのかどうか?
 
 どのような特約が有るのかをきちんと確認して、
 契約を結ぶ判断材料にして下さい。
 
 意にそぐわない内容だったり疑問に思うことは必ず質問して
 内容を確かめることがだいじです。
 
 
2.いよいよ新生活のスタート!物件や設備の状況をしっかりチェック。
 
 トラブル防止には、入居当初にキズや汚れ状況を確認しておくことも
 大切です。
 退去する際に比較できる様に写真等撮っておくといいでしょう。
 
 
3.言うまでもないですが…契約内容を守りましょう。
 
 ペット禁止の部屋で犬や猫を飼うことは、契約違反ですから、
 契約の解除や退去を求められるケースもあります。
 
 又、退去の際には、部屋の消毒・消臭等、多額な費用を
 請求されることにもなりかねません。
 
   
  最近はタバコを吸う人にかなり厳しくなっています。換気扇の
 したで吸ってますとか窓際で吸ってますとか言ってもタバコの
 ヤニで染み付いた色や匂いは匂いは消えません。
 
 
4.部屋はきれいに、大切に!借り主には「善良なる管理者の注意義務」 
 があります。
 
 賃貸住宅は他人の財産です。自己の財産に対するよりも高いレベルの
 注意義務が求められることになります。
 
 部屋は、大切に使いましょう。
 
 
5.入居中の修繕等の連絡は、こまめに・速やかに!
 
 
 
 
  
 修繕などが必要となった時は、すみやかに貸主や管理会社に連絡して
 対応について相談しましょう。
 
 
6.設備の取り付けやグレードアップ、貸主の承諾を得てから。
 
 貸主の承諾を得ずに、部屋の造作や設備を変えたり、壁を塗り替えたり
 することは許されません。
 
 事前に貸主の承諾を得るようにし、又、原状回復についてもよく話し合って
 置くことがたいせつです。
 
 
7.「立つ鳥跡を汚さず」粗大ごみの放置は厳禁。
 
 退去するときは、部屋に持ち込んだ荷物は全て運び出し、念入りに
 清掃してから明け渡しましょう。
 
 貸主や管理業者の立会のもと、入居時の写真や確認書等と比較
 しながら、退去時の物件状況を確認しましょう
 
  
◆小さなことから事前に説明されたことをよく守ることが退去時にトラブルにならない秘訣です。
 
  たばこを吸ったり重たいもの引きずったりすれば必ず匂いや色やキズが残ります。
 
  退去時に余計な原状回復費用を負担しないためにも大切にきれいに使うことが大事です。
 
  普段からルールを守り、貸主や入居者同士との信頼関係を築いておくことがトラブルにならない
  こつと言っていいのではないでしょうか。
 
 
◆お問い合わせはここをクリック◆
 
 
◆ご希望ならば弊社HP・トップページより引っ越しの見積がとれます◆
 
住宅購入や賃貸の疑問に付いて弊社と話し合ってみませんか?

話すことであなたの不動産の不安が解消されます!

東京都杉並区和泉1-23-16-101
 
(有)住まい相談社 佐藤 
 
電話 03-5329-2103
 
「※水曜日を除く10:00~19:00」
 
メール sumai@estate.ocn.ne.jp
 
弊社はしつこい営業や電話は致しません。
安心してお問い合わせください。
 
参考になりましたら住まい相談社のホームページをお友達・お知り合いに
教えてあげてください。