「原状回復費用」って何?京王線 賃貸 代田橋 住まい相談社

☆「原状回復費用」って何でしょうね? 京王線 賃貸 代田橋 住まい相談社


◯賃貸借しようとしていいるあなたの疑問に答える住まい相談社です。

 

◆「東京ルール」ってご存知でしょうか?

原状回復とは言葉通りだと入居した状態に原状を回復
するというふうに取れます。
 
そのように解釈していた大家さんが退去時に法外な
修理費用を要求するということからはじまりました。
 
敷金精算にあたり大家さんの考え方と借主の意向が
一致しなかったことが原因に挙げられます。
 
実は原状回復とは入居時のように戻せとは言って
ないのですね。
 
入居してそこで生活していれば経年的に壁、床、天井
水回り等汚れてくるのが当然です。
 
それを退去時に入居の時と同じ状態に戻すというのは
無理があると判断したのが裁判所です。
                                                                                
 
しかし、なかなか周知できない大家さん側が当然の如く
そのような要求を行なっていたため借主との間で争う
ことになってしまったのですね。
 
年々、その争いが増えてしまった為、東京では全国に先駆けて
原状回復費用に関して独自のルールを作りましょう、ということに
なったのです。
 
そこで東京都は裁判における判例を元に賃貸ガイドラインを作り
その賃貸ガイドラインに基づいて平成16年10月1日に
施行された条例が 「賃貸住宅紛争防止条例」 といいます。
 
 
        
それがいわゆる賃貸の「東京ルール」と呼ばれているものです。
 
東京ルールでは「貸主の負担する部分」と「借主の負担」する
部分を明確にしてどちらが負担しなければならないかを
はっきり区別しています。
 
そして、契約の際は不動産会社に 「賃貸住宅紛争防止条例」
(東京ルール) の説明の義務を負わせています。
                                                                                                   
 
(1) 貸主の費用負担とは?
 
賃貸住宅の契約においては、経年変化及び通常の使用による
損耗・キズ等の修繕費は、家賃に含まれているとされており、
貸主が費用を負担するのが原則です。
 
※例えば・・・ 壁に貼ったポスターや絵画の跡、家具の設置に
よるカーペットのへこみ、日照等による畳やクロスの変色 等。
 
(2) 借主の費用負担とは?
 
借主に義務として課されている「原状回復」とは、退去の際に、
借主の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など、
借主の責任によって生じた住宅の損耗やキズ等を復旧すること。
 
その復旧費用は、借主が負担するのが原則としています。
 
その他、このルールとは別に特約も認められており、両者の
均衡を図っています。
 
唯、特約には注意を払う必要があります。
 
特約は後でトラブルの原因となることが多いため、条例に基づく
説明をよく聞き、契約書の内容をきちんと理解し、納得したうえ
で契約を締結することが大切。
 
このようなルールが確立されたからといって入居者は
有利になったと唯、喜んではいけません。
 
借主にとって大切なことは借りている以上、大家さんに
対して入居者自身がマナーを守ること。
 
そして修繕が必要となった場合には、まず貸主や管理会社に連絡し、
早めの対応をして迷惑をかけないようにしてトラブルを避ける
態度が重要です。
 
◆お読みくださいましてありがとうございました。m(__)m
 
◆㈲住まい相談社の賃貸物件情報はここをクリック◆
 
 
◆お問い合わせ・何でも相談はここを(クリック)◆
 
 
◆ご希望ならば弊社HP・トップページから引っ越しの見積がとれます◆
アットホーム引越し見積もり
 
賃貸の疑問に付いて弊社と話し合ってみませんか?
話すことであなたの不動産の不安が解消されます!

 ちょっとわからないことやご質問もお気軽に!お電話してください・・・(^o^)/゛
当社では電話相談を受け付けております。

東京都杉並区和泉1-23-16-101
(有)住まい相談社 佐藤 
 
電話 03-5329-2103
 
「※水曜日を除く10:00~19:00」
 
メール sumai@estate.ocn.ne.jp
 
弊社はしつこい営業や電話は致しません。
安心してお問い合わせください。
 
参考になりましたら住まい相談社のホームページをお友達・お知り合いに
教えてあげてください。