物件を依頼する不動産業者(会社)を選ぶポイントは?

★住まいを購入しようと考えた時どの不動産業者に頼めばよいのか迷いますね??

 

◆不動産仲介成立アドバイザー兼 問題解決ナビゲーターの佐藤です◆

 

◆中古戸建や中古マンションを購入する時、媒介する不動産業者の気をつけなければ
 ならない注意点とは?
 
住宅を購入するとき、あるいは売却するときに媒介を依頼する不動産業者
選ぶことは、簡単なようでなかなか難しい。
 
不動産取引はしょっちゅうある訳ではありませんから知り合いがいる人はともかく
どの業者にするのか迷ってしまいますね?
 
ネットの検索サイトで気になる物件があった場合でも同じ物件が掲載されていたら
どの業者に聞けばいいのかやはり迷います。
 
こんな時普通の人は、「名のある業者に問い合わせればいいのかしら」       
なんて考えます。

◆住宅購入の良し悪しは、まず不動産業者を選ぶことから始まると
  いってよいでしょう!
 
ほんとうはとても重要な事ですが、実はこれがいちばん難しいの
かもしれません。
 
新築物件で、物件を選ぶことは売出業者を選ぶことでもあり、
あまり選択の余地はありません。
 
ところが、中古物件の場合にはいろいろな業者が同じ物件情報を掲載しているため、
ますます、分からないのが現実です。
 
こんな時、成行きで業者を選んでしまうと、そこにどんな落とし穴
が隠れているか分かりません。
 
インターネットは情報と選択肢が増えた反面で、業者選びに悩むことも
多くなりました。
 
以前は物件探しを依頼する場合、近所の不動産業者に頼むことになったと思いますが
最近ではネットの検索サイトで物件を探し、それからその物件情報を掲載している
業者に問い合わせをすると云うことが多くなりました。
 
これは一般に売買物件はレインズ(不動産流通機構)に登録され物件情報が
不動産業者に共有化されているからです。
 
購入する方から見れば逆に不動産業者を選びにくくなったのではないかと
思われますが、以前は一つの業者が物件を抱え込み、自分に有利なお客に売り
込もう等ということがあり、物件情報を共有することにより情報が透明化され
不正の防止に役立ち、購入者にも分かりやすくなっているのです。

あなただったら同じ物件情報が複数の業者から出されている場合にはどう
されるでしょう。
 
一番、大きな業者または有名な大手業者に問い合わせる
 
一番、物件の近くに位置する業者に問い合わせる
 
売主から直接依頼を受けていると思われる業者に問い合わせる
 
とりあえずすべての業者に問い合わせる
 
こんな風に考えるかと思います。
 
まず、大手業者または有名業者が 「良い業者」 であるとは限りません 。
 
次に物件の地元業者の場合、それが極めて物件に近いのであれば物件について
詳しい可能性も高いのですが、一般媒介の場合その業者が売主に依頼
されたものかどうかはわかりません。
 
売主から直接依頼を受けている業者の場合でも売主の利益と買主の利益とが
反する部分についてどのように対応するか不安がありますよね。
 
こんな場合は、少し面倒のようにも思えますが、とりあえずすべての業者に
問い合わせをしてみたうえで見極めるのが良いのかもしれませんね?
 
このとき直ぐに「物件を見せて欲しい」 と問い合わせるのではなく、物件情報      
には書かれていない部分やご自分の悩みについていくつか同じ質問をし、
その回答の内容を比べてみるほうが良いでしょう。
 
WEB上の物件情報であれば、メールで同じ内容の問い合わせをする方法もあります。
悪い部分も含めて詳しく教えて頂ける会社が良い会社であると判断できるのではない
でしょうか?
 。(イメージ)
ただし、問い合わせの結果で依頼しないことにした業者には、きちんと断りのメール
や電話もするようにするといいですね?
 
そうしないと不必要な営業メールや電話に悩まされることにもなりかねません。
もっとも、そのような業者だったらまず、やめることです。
 
◆さて、それでは大手有名業者の場合にどのような問題が潜んでいるの
  でしょうか?
 
一般的に考えれば「イメージ」として大手業者のほうが社員教育も行き届き、
実務知識も豊富で、強引な営業はせずにユーザー本位の対応をしてくれそうです。
 
ところが実際にはそうでない場合も・・・。
 
「仲介は大手有名業者に頼めば大丈夫?」
 
日本人はブランド好きです。売却の依頼も購入の依頼も大手業者に任せておけば大丈夫!
などと考える人が多いのも事実ですが思わぬ失敗をしてしまうこともあります。
 
大手だろうと中小だろうと、信頼できる相手を見極めることの重要性は同じです。

特に大きなお金が動く不動産にかんしては気をつけるべきでしょう。
 
たしかに、大手業者では営業担当者のマナーも良く、また高いレベルで業務を
こなしているところも多いものです。
 
しかし、大手業者さんの営業担当者と云うのは会社の中で個人営業者の集まり
みたいなもので個人個人が会社の中でノルマという営業成績を競い合う仲間で
しかない
と云っても過言ではないという処もあります。
 
 ◆「大手だから」という理由だけで安心することはできない。
 
中には金融機関などからの情報を利用し、他の業者がまとめている契約をぶち壊し
に回る大手業者もいます。
 
売主から依頼された物件を宅建業法にもとづいてレインズ(流通機構)に登録し、登録証明書が
発行された途端に削除してしまう
(売主に対しては引き続き登録してあると装う) 大手業者もいます。
 
また、レインズに登録してあっても他の業者からの紹介依頼 (確認依頼) に対して
「契約予定だ」「申込が入ってる」等とウソをつく
(自社で直接の買主がつくまで時間かせぎをしている)大手業者もいます。
 
他にも、積極的にと売却活動をせずに売主を (精神的に) ぎりぎりまで追い込み、
限界のところまで売値を下げさせて一気に処分してしまおうとする大手業者もいます。
 
また、買主を煽るために人海戦術でサクラをつかう大手業者もいます。
 
そのうえ順法精神などかまわず、バレなきゃ何でもアリ、バレたなら逃れかた
はいっぱいある、といった態度の大手業者もいます。
 
(いずれも実際に見聞きしたり、私自身が被害に遭った内容です。)
 
ここまで書くと大手業者の悪口を並べ立てたように思われるかも知れませんが
決してそんなことではありません。
 
これは不動産業者の嘗ての体質でもあるわけです。
 
多くの大手業者の担当者は、きちんとした営業を行なっていますし、私が信頼できる
大手業者の営業も存じあげています。
 
ただ、相手が大手業者だからといって安易にに任せきってしまうことは気を
つけなければならないということを申し上げたいだけです。
 
依頼する相手が中小だろうと大手だろうと、しっかりと見極める必要があること
に何ら変わりはないのです。
 
では、中小業者や町の不動産会社の場合にはどうでしょうか?

こちらの場合にもやはりしっかりとした営業をするところとそうでない場合まで、
その内容はさまざまです。
 
しかし、不動産業界の現状に問題意識をもって考える業者、独自の営業方法で
ユーザー本位の立場を貫く業者、業界の悪い部分を変えていこうという業者など、
真剣でまじめな業者が多いのも中小業者の特徴です。
 
何故なら、地域密着で行っている会社はそこでの評判を落としてしまったら
商売を続けていくのが不可能だからです。
 
また、営業年数が長いほど良い業者(会社)ともかぎりません。
 
古くからやってる業者は昔からやっている慣習を押し付けるような処もあり
設立して間もない業者のほうが新しい考え方でより良い仕事をしている
場合もあるわけです。
 
不動産業界は 業界全体のモラルが向上し、どの業者(会社)へも
安心して依頼できるような体質にならなければいけませんね。
 
不動産業界というのはいつまでも閉鎖的なにおいが消えないと云うことが
「胡散臭い」と思われる業界体質ではないのでしょうか?
 
要はその業者(会社)が信頼できる人かどうかによるところが大きいですね。
 
信頼できるとは人間性・メリット・デメリット・よいところ・悪いところを
全て教えてくれる等、話の中で誠実さを感じさせる人ならまず間違いないという
ところでしょうか?
 
不動産会社を選ぶべきポイントはそこにあるのではないでしょうか。
 
◆不動産業者を選ぶユーザーも見方を変える時期に来てるのではないでしょうか?
 
前半でも書いた通り今はレインズ(流通機構)によって物件が共有化されています。
 
 また、インターネットでも物件を知ることのできる時代、大手不動産会社をばかりを
選ぶのではなく広く町の不動産会社にも目を向けることが必要になっています。
 
 ハトマークの宅建協会では今年から「公益社団法人」に衣替えしました。
 
「公益社団法人」になったと云うことはハトマークの不動産会社は公に資することを
中心に活動することになります。
 
どうぞこれからはあなたのご協力とご理解を賜りたいとおもいます。
 
本日の内容は同じ不動産業者としてとても書きにくいことでした。
 
何故かというとこの不動産業界という世界はほとんど一回きりの取引が多いため
本日、書かれた内容のようなことが行われる場合があるということです。
 
業界で不祥事を起こして倒産したにも関わらず同じ社名で復活している会社の例をみれば
明らかのように、まるで消費者をばかにしたような会社が大手を振るっている業界です。
 
ですから、あえて業界の恥を晒しても一般のお客様の選択の範囲を間違わない
ようにとの配慮でこのような内容をかきました。
 
お見苦しいところがありましたらご容赦ください。
 
 
◆お問い合わせはここをクリック◆
 
 住宅購入や賃貸の疑問に付いて弊社と話し合ってみませんか?
話すことであなたの不動産の不安が解消されます!
弊社では電話無料相談を受け付けています。

東京都杉並区和泉1-23-16-101
 
 
(有)住まい相談社 佐藤 
 
 
 
電話 03-5329-2103
 
「※水曜日を除く10:00~19:00」
メール sumai@estate.ocn.ne.jp
 
弊社はしつこい営業や電話は致しません。
安心してお問い合わせください。
参考になりましたら住まい相談社のホームページをお友達・お知り合いに
教えてあげてください。