取引条件に関する事項とは? 代田橋 すまい相談社
  • ◆『取引条件に関する事項』とは。

      これも言われただけではなんのことか分かりません。

     

  •  
  • ★不動産買い付け申込みから契約・代金決裁までの流れを知るのは大事?
  • (これから不動産を購入するあなた・今購入中で基本知識を知りたいあなたのお役になります)

 

◆不動産仲介成立アドバイザー兼問題解決ナビゲーターの佐藤です◆

 

またまた前回の続きになります。

重要事項の説明

 

◆『取引条件に関する事項』です。

 

何回か続けて難しい話を連載していますが皆様はこんなことは覚えることは

ないのですよ。

御自分にとって必要な部分を読み取ればいいことです。

 

唯、知らないよりは知っているほうが失敗はありません、又、思い込みが

強くて正しい判断ができないことがあります。

 

生涯一度の買物になるかも知れない取引に間違いがあってはおおごとです。

何を知っておかなければ成らないかはあなた次第です。

 

どなたでも取引の過程で一度は疑心暗鬼に陥ることがあります。

 

多くは知識の不足からくる不安があるいはパートナーに選んだ不動産や

さんとのコミュニケーション不足でおこると考えられます。          

 

 

だから担当の不動産屋さんとはよく連絡をとりあうことが大切です。

 

知識の習得とコミュニケーションの疎通は良くしておく事が肝腎です。

 

ではいきましょうね。

 

Ⅱ:「取引条件に関する事項」の説明ってどういうものでしょうか?

 

 1、代金・交換差金・借賃以外の金銭の説明とは?

 

 (売買代金以外の説明ですね?)

売主との買主の関係では手付金・固定資産税・都市計画税・管理費・

修繕積立金などの精算金があります。

 

オーナーチェンジ物件などでは、賃料の精算金や敷金・保証金の継承

などの説明。

 

他にも公租公課(印紙税・登録免許税・不動産取得税)登記手続費用・

ローン関係費用(ローン事務手数料・保証料・つなぎ融資の経費など)

又、媒介業者の媒介手数料などがあげられます。

 

精算金については引渡し日が確定していれば具体的に記載されますが、

大概は引き渡し日が未定である場合が多いのでその場合は概算で示

されます。

 

尚、不動産に課される消費税についても説明義務があります。

 

手付金や支払い金又は預かり金の保全措置がある場合はその説明。

 

 2、契約の解除に関する事項の説明とは?

 

※注、「契約の解除」とは契約締結後当事者の一方の意思表示により、その契約

    が始めから存在しなかったと同様の状態に戻す効果を意味する制度です。

 

ですから中止とか取り消しという現時点のことではなく始めに遡っての

(遡及)効果があります。

 

主な適用事項は以下の通りです。

 

○融資利用の特約の解除(ローン解除)

 

○買い替え特約の解除

 

  • ○手付解除
  •  
  • ○引き渡し前の滅失、毀損の場合の解除
  •  
  • ○契約違反の解除
  •  

○建築条件特約の解除

 

クーリングオフによる解除

 

○瑕疵担保責任

 

による解除等の「特約による解除」と「法定解除」があります。

 

ここは大事なところです。よく覚えておきましょう!

 

●手付解除とは?(特約による解除)

  •  

相手方が履行に着手するまでは、売主は受領済みの手付金を返還し、かつ、

手付金相当額を買主に提供することにより、また、買主は提供済みの手付金

  • を放棄することでそれぞれ売買契約を解除することができます。

 

●引き渡しの滅失・毀損の場合の解除とは?(法定解除)

 

危険負担に対する特約を定めるもので、一般には地震等で滅失した場合は

買主に、修復が難しい場合は売主に解除権を与える内容になってます。

 

●融資利用の特約(ローン解除)とは?(特約による解除)

 

予めきめられた期日までに住宅ローンの融資の承認が得られない場合に

買主に解除権が与えられるというもの。

 

●買い替え特約による解除とは?(特約による解除)

 

買主がその所有不動産を◯◯万円以上で売却できなかった時には売買契約

を解除できるというもの。

 

●建築条件特約による解除とは?(特約による解除)

 

期日までに建築請負契約が成立しなかった。

 

●クーリングオフによる解除とは?(法定解除)

 

重要事項の説明とは別に「申込みの撤回」を告知書でする必要があります。

 

 

  • ●瑕疵担保責任による解除とは?(法定解除)
  •  

瑕疵とは難しい言葉ですが傷や欠陥のことをいいます。

 

その傷や欠陥のため契約した目的が達成できなかった場合はたとえ売主に

過失がなくても契約を解除できるというものです。

 

瑕疵は建物に関することばかりなく権利関係の欠陥や自殺があったなどの

心理的な欠陥も含みます。

 

再度云いますが契約の解除のところは特に重要なところです。

よく覚えておきましょうね!

 

ここまでが「重要事項説明の構成・項目」です。

 

難しい言葉や法律用語などがありますがあなたが覚えなければならないと

いうものではありません。

 

あなたにとって必要なことは依頼した不動産屋の担当者によく聞いて

納得する説明を受けることですからね。

まちがわないでくださいね!

 
 

Yahoo!ブックマークに登録

 

◆お読みくださいましてありがとうございました。m(__)m

 

住宅購入や賃貸の疑問に付いて弊社と話し合ってみませんか?
話すことであなたの不動産の不安が解消されます!

 わからないことや疑問点がありましたら直ぐにきいておきましょう!

 

当社は電話による相談を受け付けています。

 

◆お問い合わせ・何でも相談はここを(クリック)◆

 

弊社はしつこい営業や電話は致しません。安心してお問い合わせください。
 
東京都杉並区和泉1-23-16-101
(有)住まい相談社 佐藤
 
電話は 03-5329-2103
 
メール sumai@estate.ocn.ne.jp
参考になりましたら住まい相談社のホームページをお友達・お知り合いに
教えてあげてください。
 
営業時間 AM10時~PM6時迄 休日水曜日