買付申込・契約・決済の流れとは? 代田橋 すまい相談社

☆不動産の買い付け申し込みから契約・代金決済までの流れって気になりませんか?

 

どうすれば物件が買えるのだろうか?

 

(これから不動産を購入するあなた・今購入中で基本知識を知りたいあなたのお役になります)

 

◆不動産仲介成立アドバイザー兼問題解決ナビゲーターの佐藤です◆

 

不動産を一度でも買われた方はご存知でしょうが、これから買われる

方がたは不動産がどのような流れで自分のものになるのか、なかなか

想像がつかないと思います。

 

分からないことは不安につながります。不動産の取引は場面場面で

いろいろな課題が生じてきます。

 

それでも基本的な知識を抑えておけば怖がることはありません。

 

信頼できるパートナー(不動産屋)を選べば安心です。

 

本日はその辺を中心に一般的売買のながれを知りましょう。 

                              

家族構成、ご主人の勤務先、子供の学校、年収、預金、車や教育ローン

など把握して、予め購入のための希望条件を整理することからはじめます。

  •  
  • ◆不動産購入計画とは?
  •  
  • まずは自分自身の属性を知らなければなりませんね?
  • 普段、当たり前に生活していると自分自身のことはあまり考えないのでは
  • ないでしょうか?
  •  

 

例えば、希望価格、間取、駅からの距離、幼稚園や学校、病院、駐車場

の有無、買物の便や生活関連施設、その他にもこだわること、どうしても

犬などのペットを飼いたい、広い一戸建てに住みたい、この地域で

さがしたい、など希望の条件を全て書き出して何が重要か思い当たることを何でも

なるべく大きな紙にランダムに書いてみましょう。

 

それが終わったら情報収集をはじめます。

 

チラシやインターネット場合によっては本や新聞など必要な知識を

収集します。

 

一戸建て、マンション、新築、中古などの区別なく、いろいろな情報を集めて

価格相場を理解し、物件の品質を見る目を養うと同時に自分や家族にとって

何が大切なのかA,B,Cのようにランクづけをして優先順位をきめます。

 

希望条件を全て満足させてくれる物件があれば理想ですが予算とか

収入とか様々な用件で100%満足する物件など有りえないという、考えに

たてばおのずと何が自分達のライフスタイルにとって必要な物かが見えて

くるはずです。

 

そして前に大きな紙に書いたものから取捨選択していけば残ったものが

あなたにとってのこだわりです。追加する物が出てくれば後に又考えれば

いいことです。

 

  • ◆資金計画をたてるとは?
  •  

次は資金をどのように手当てできるかをかんがえましょう?

 

どのくらいの物件が買えるかは、自己資金と住宅ローンの合計で決まりますが、

物件購入に伴う諸費用を価格に加える必要があります。

 

つまり自己資金+住宅ローン額=物件価格+諸費用 ということになります。

 

そこで、マイホーム取得では自己資金の割合と、どれだけのお金を借り入れる

ことができるかが大切になります。

 

用意できる自己資金は決まっていますので、借り入れの方法と返済計画が

ポイントになります。

 

ここで気をつけなければ成らないのは、借入額はいくら借りられるかという

ことも大切ですが、◯◯年間毎月、どのくらいの返済ができるかを、よく計算

しなければなりません。

 

また、住宅購入以外の必要な資金を確保しておくことが大切です。

 

何故なら病気とか臨時にの出費などが必ずでてくる可能性があるからです。

 

住宅ローンは返済に長い期間を要します。できるだけ無理のない

返済計画をたてるようにつとめることが何よりたいせつです。

 

このような資金計画は、では、誰に聞けばよいのかは、もちろん一般の

不動産やさんに聞けばどこでも教えてくれます。

 

また銀行ローンのことを自分で調べたいならば、インターネットで銀行

やアットホーム、住宅金融公庫などのローン計算のシュミレーションで必要

な数字を入力すればおおよその数字は直ぐにわかります。

 

お取引のある銀行の営業マンと懇意にして普段からよく聞いておくのも

よい方法です。

 

銀行は具体的な購入計画があれば喜んで情報提供してくれます。

又、事前のローン調査に応じてくれます。

 

  • ◆不動産の買い付け申し込みとは?
  •  

購入計画・資金計画ができましたら次の段階へすすみます。

 

基本的な知識を収集して希望の条件が決まったら物件情報の中から見たい

物件を絞り込み信頼できる不動産やさんにお願いして内見(現地見学・内覧

ともいいます。)を申し込みます。

 

ご家族の皆様の全てが気に入った物件が見つかりましたら、よく検討して、

お願いした不動産屋さんの書式の「買い付け証明書」に住所・氏名・物件名・

所在地・買い付け物件の希望価格等を書き込み、希望物件の元付けの

不動産会社におくります。

 

この「買い付け証明書」はまだ、買い付けを確定したものではないので何の

拘束力もありません。

 

後で申し込みをキャンセルすることもできます。

 

しかしながら、売主の方の不動産会社もいい加減な申し込みでは大変迷惑

なことになりますので、その買い付け証明がもちろん信憑性のあるもの

でなければなりません。

 

そこで、売主側の不動産会社は資金のうらづけがあるかどうか、銀行ローン

をつけるのかどうか等を聞いてきます。

 

ですからこの時点である程度の資金計画をしっかりしていないと断られる場合

もありますのでお気を付けください。

 

「銀行ローンの事前審査」を受けておけば、ほぼ万全ですが本審査で断られる

こともあります。

 

希望価格が売値より下回る場合でも思い切って「指値」をしてみれば受け入れられる

場合もありますのでがんばってやってみましょう。

 

(注※指値とは本人がこれと思った価格を想定してだす額をいいます)

 

相手側の事情次第です。

 

ここで、売主と買主の価格の折り合いがつけば重要事項の説明・契約へと

すすんでいきます。

 

次回は

◆事前の価格交渉とは?

 
 
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

 

◆お読みくださいましてありがとうございました。m(__)m
 

 不動産のことって誰に聞いていいのか分からないのではありませんか??
あなたがお悩みを持っているならお聞かせください!

 

分からないことや疑問は直ぐに解消されることをお勧めいたします。

当社では電話相談を受け付けております。


◆お問い合わせ・何でも相談は(クリック)◆

 

弊社はしつこい営業や電話は致しません。安心してお問い合わせください。

 

東京都杉並区和泉1-23-16-101
(有)住まい相談社 佐藤 
 
電話 03-5329-2103
 
メール sumai@estate.ocn.ne.jp
 
参考になりましたら住まい相談社のホームページをお友達・お知り合いに
教えてあげてください。
 
ちょっとわからないことやご質問もお気軽に!お電話してください・・・(^o^)/゛
 
営業時間 AM10時~Pm6時迄 休日水曜日